Top > 愛車 > 愛車との別れと新車への乗り換え

愛車との別れと新車への乗り換え

独身時代から13年乗り続けてきた愛車。

結婚し、家族も増えコンパクトカーの限界を感じつつ今年の車検を控え・・・

妻と相談し新車に乗り換える事に!

実は新しく車を換えるのであれば買いたい車は決めていました!

妻も了承しれくれ、子供たちもこの車がいい!と言ってくれました。

試乗・見積もり・契約を済ませあとは納車を待つだけとなり、楽しみな気持ちでいっぱいだったのですが

新車に乗り換えるということは今の車を手放すということ。

納車には約1か月の時間がありましたが、いつの日からか今の車に乗る時には車に話しかけるようになりました。

通勤をメインに使用しておりましたが行き帰りの渋滞もこの車の中で音楽を聴いていると何の苦にもなりませんでした。

朝は「おはよう」帰宅し時は「おやすみ」

これが日課になっていました。

そして翌日を納車に控えた仕事の帰り、いつものように帰宅のために運転していたら

涙が出ちゃうもんなのですね。

納車当日はあいにくの雨。でもたくさん写真撮ったり、最後の洗車に行ったり。

そして家族みんなで乗る最後の運転。少し緊張しました。

店に着くと店の入り口には新車がスタンバイされていました。

最後の手続きをして車の内装などの説明で新車へ向かうと

新車の隣に今までの愛車を並べて下さっていました。

新旧のマイカーが並んでる光景ってのもなかなか複雑な気持ちになりました。

前の車からチャイルドシートを外して新しい車へ乗せ換えていよいよ前の車はからっぽになりました。

実は前の車とさよならする時は泣きじゃくると思っていました。

しかし、不思議と涙は出ずに淡々とお別れ。

新車に家族みんなで乗り込み帰宅しました。

自宅の駐車場に停めて改めて新車を見てると、「これが僕の車なんだ~」というなんかおかしな気分。

さっそく翌日から通勤で乗りましたが、ハンドルの位置、ギアの位置、ブレーキギアの位置など

違う点がいくつかありはするものの、なんか自分の体の一部のような感覚。

「これが新車に乗り換えた時の感触なんだ、へえ~」

乗り換えして4か月。

 

新しい車への愛情も深まりながら、前の車今頃何してるかなと思っている今日この頃です。

愛車

関連エントリー
愛車との別れと新車への乗り換え